0766250514
こだわり 中尾清月堂
こだわり
味は正直だから、手は抜けません

中尾清月堂が最もこだわるのは、お客様によろこばれる味。
なかでも「和菓子の命」といわれる餡にこだわり、
創業当時から百年以上の間、自家製の餡をつくり続けてきました。
中尾清月堂の伝統であり、たしかな味の基礎となる餡。
どんなに手間ひまがかかろうとも、納得のいくものしか使いたくないという思いから、
これからも自家製にこだわり、良質なお菓子を皆様に届けてまいります。

中尾清月堂の自家製餡へのこだわり

餡の素となる小豆は、各地から取り寄せ、一粒一粒手にとり、きびしい目で吟味した結果、 丹波産、北海道産の最上級小豆を使用しています。

丹波大納言小豆

京都など丹波地方で古くから栽培され、生産量が少ないことから「幻の小豆」ともいわれています。特に大粒で色艶がよく、煮詰めても崩れないのが特長。最中やきんつばなど、一部の商品に今もこの品種のみを使用しています。

北海道産小豆

道内の複数の産地から特にできの良い、最上級の小豆を厳選して仕入れるようにしています。風味がよく、旨味がありながら、味にクセがないのが特長。看板商品のどら焼きをはじめ、さまざま菓子づくりに使用しています。

最良の製法

中尾清月堂には餡を使った商品がたくさんあります。ですが、すべての商品に同じ餡を使っているわけではありません。お菓子の美味しさをより引き立たせるには、それぞれにあった餡が必要です。お菓子のかずだけ餡がある。自社工場ではお菓子の種類ごとに毎日小豆を炊いています。

つぶ餡

中尾清月堂のつぶ餡は、ちゃんと粒が残っていて皮が柔らかいのが特長。噛んだときにはなめらかで、皮が口に残らず、つぶ餡ならではの食感も楽しめます。砂糖は純度の高いものを使うことで、しっかりとした甘みを感じさせつつも、後味はさらっとしてしつこくない、上品な味のつぶ餡になります。

こし餡

中尾清月堂のこし餡は、とにかく小豆のアクを徹底的に取り除いているのが特長。小豆のアクが残っていると、餡に赤みがかかり、ざらついた食感になってしまいます。そこで、煮上がった小豆を何度も何度も水にさらしてアクをとることで、きれいな薄紫で舌触りがなめらかな、こし餡が誕生します。

美味しい餡をつくるには、高度な技術と経験が不可欠です。中尾清月堂では日々の気温・湿度が異なる中でも、毎日最高の餡ができるよう、熟練の職人たちが毎日小豆の声を聞きながら、丁寧な手仕事で極上の餡づくりに励んでいます。「美味しいお菓子をつくりたい、食べていただきたい」という職人のまごころが、中尾清月堂の餡の美味しさを守っています。

手炊き

小豆の良さを最大限に引き出すべく「いいあんばい」に炊きあげるには、小豆にかける圧力や火を止めるタイミングが重要。この繊細なさじ加減は、小豆の産地や気候、その日の温度や湿度によって毎日異なります。

手焼き生地

餡だけでなく生地も手づくりです。たとえば、看板商品のどら焼きの皮。多い日には何千枚となる皮も、一枚ずつ丁寧に手焼きすることで、機械ではできない、ふんわりしっとりとした口どけの絶妙な焼き上がりにできます。

ページの先頭へ