お正月はいかがお過ごしでしょうか。季節のおはなしは「お正月」です。
 
○お正月はいつから?
「お正月」というと、新年1月1日を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実は、年末の大掃除が「お正月事始め」の最初の行事。煤払いの日である12月13日に行います。この日から、お正月の準備を始めていきましょう。
 
○お正月のお飾りは?
大掃除が終わったら、歳神さまに来ていただく目印として、お家の玄関に「しめ縄」を飾ったり、依代となる「鏡餅」をお供えします。
 
○お祝いの行事
雑煮や餅、おせち料理を食べることも、お祝いの行事のひとつ。
中でも「餅」は日本人にはなくてはならないお祝いの食べ物です。
 
○お餅は特別なもの
餅は、神さまの力が宿るとされており、お正月だけでなく、節句行事の和菓子にもよく使われます。「鏡餅」はお供えのあとに「鏡開き」といって、包丁をつかわずに割り、ぜんざいや焼き餅にして食べます。そうやって、歳神さまの力を私たちに分けていただきます。お正月の行事には、新年を迎えたお祝いと、家族の健康を願う想いが随所に込められているのです。
 
🔍知ってる?
お年玉ももとはお餅。
「お年玉」ももともとは、お団子状にした餅を子どもに渡していたことから、呼び名が残っています。
 

 

これひとつで雑煮を堪能!?雅な正月限定の菓子

はなびら餅の起源は、平安時代・宮中で行われていた、新年の儀式に由来します。
餅の上に鮎や野菜をのせた供物が、餅で具を包む「包み雑煮」に変化。
さらに鮎はゴボウに、雑煮は味噌餡に簡略化され、お菓子となりました。
長らく宮中だけに納められていましたが、明治以降、一般的になりました。
平安時代での儀式と同様、長寿の願いを込めて、年始に食べたい一品です。

「季節のおはなし」は「はっぴーママ 富山版」で連載中!可愛いイラストを誌面でも応援してくださいね。

いつも中尾清月堂をご愛顧いただきましてありがとうございます。
内祝いの商品について、最新のカタログを掲載いたします。

内祝いは、ご家族の大切な門出を祝うもの。
返礼品としての意味合いもありますが、幸せを分かち合う、大切な風習です。

特に結婚・出産や七五三、入園・入学、成人など、お子さまの門出には欠かせないものです。
定番の「お赤飯」や「紅白饅頭」などのお品にあわせて、菓子箱やバームクーヘン 、どら焼きなど、お菓子をセレクトしてもいいですし、別でインテリア用品なども選ぶことも増えましたね。

中尾清月堂では、用途に応じて、包装やのし紙の準備をいたします。
金額ベースでのご相談やお渡し日のご相談も承りますので、まずはお気軽にお電話ください。

春の入学シーズンには、桜色のボックスでの菓子箱のご注文が可能です(2月中旬ごろの発表となります。)

▶︎昨年の入学内祝い菓子箱はこちら

そのほか、通年でご準備できる商品も多数ございますので、ぜひご検討ください。

▶︎通年の内祝いのカタログPDFはこちら

いつも中尾清月堂をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

毎年人気の、福袋が2023年も販売が決定いたしました。
完全予約制となっておりますので、店頭または、お電話でご利用店舗にてご注文ください。





●中尾清月堂 令和五年 福袋「富来福路(ふくぶくろ)」
本体価格:3,000円(税込3,240円)
お受け取り期間2023年1月2日(月)〜1月9日(月・祝)
取扱店舗:高岡本店・富山店・野村店(富山大和店では、富山大和限定の福袋企画が別途ございます)
お一人様2セットまで/各店300セット限定/予定数に達し次第、販売終了となります。

セット内容は↓

毎年売り切れ必須の、お得な福袋になっております。ぜひお早めにご予約くださいませ。


2022年の中秋の名月・十五夜は9月10日です。

中秋の名月といえば、「お月見」ですね。

今回はお月見のお話をご紹介します。

カレンダー代わりの「お月様」

その昔、人々は月の満ち欠けで、月日を知り、農作業や行事を進めていました。

月を基準とした暦は、現在は「旧暦」と呼ばれていますが、
実際のカレンダーは太陽の動きを基準とした「新暦」が採用されています。

なので、「旧暦」と「新暦」では、すこし進み方が違い、体感の季節と実際の月日が多少ずれて感じることがありますね。
旧暦での行事は、日本古来からの伝統的な行事が多く、日本人らしさの基盤にもなっています。

現代の生活ではなかなかゆっくりと行事の時間を取れない方もいらっしゃるかと思いますが、
行事食などの食べ物を通して、
季節や行事の意味を少しでも感じていただけると生活のメリハリがでて楽しめると思いますよ。
行事食「お月見団子」のご注文はこちら>

秋の真ん中「中秋(ちゅうしゅう)」にお月様に感謝する

十五夜のお月見は「中秋の名月」のことで、秋の真ん中のこの時期は空気が澄んでいて、
月が最も美しく輝きます。

人々はそんなお月さまにお供物をして、
無事に農作物を収穫できた喜びを分かち合い、
お月さまに感謝する日になりました。

お月様にお供えするものは、「お月見団子」や、栗や芋などの秋の味覚。
神様の依代となる「稲穂」を併せて飾ります。
この稲穂は、すすきで代用してもOKです。

お月見のお供物は、盗み食いが歓迎されます。
それは、お月さまが「食べてくださった」とされ、とても縁起の良いことだとされ、
「お月見どろぼう」と呼ばれます。子供たちがつまみ食いしても、楽しい時間になりますね。

月に住むのはウサギ?それとも・・・?

月を見上げると、ウサギが住んでいて、餅をつく姿が見られるといいます。
これは、仏教のお話が由来となっていますが、
「餅をついている姿」というのは日本ならではなんだそう。

餅は「鏡餅」や「節句餅」など、和の行事でも神様に通じる大事な食べ物であり、
食べ物に困らないようにとする豊穣祈願の意味も込められて、
ウサギも餅をついているのだそうです。

お隣の国、中国では月にはウサギがいるとされていますが、臼と杵で、
「不老不死の薬をつくっている姿」とされているんだそうです。
そのほか、世界各国では、ライオンや、カニの姿、
女性の横顔などいろいろなたとえ方があります。

 

2022年の中秋の名月・十五夜は9月 10日

窓辺やベランダで、だんごや秋の味覚を家族で囲みながら、
夜を過ごすのもいいですね。

中尾清月堂のお月見セットは、小さな稲穂もセットになっております。
セットの箱は、持ち帰ってすぐに飾れる「三方台変身ボックス」です!
ご予約はお電話でお待ちしております。
商品の詳細はこちらから>>


朝夕も涼しくなってきました、今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

中尾清月堂では、9月1日より秋の商品が店頭に並びます。
同時に、お月見セットの販売が始まりますよ。

今年の中秋の名月・十五夜は9月10日です。
前日までのご予約で、うさぎ饅頭を1個プレゼントいたします。

この機会にぜひご予約くださいね。

「お月見セット」

セット内容:

・栗どら焼き…1個 ・うさぎ饅頭…2個 ・お月見団子…1組
・稲穂(飾り)…1本

三方台変身パッケージに入れてのお渡しになります。

価格:1,620円(税込)(本体価格1,500円)

<ご予約特典>9月9日(金)までのご予約で、うさぎ饅頭1個プレゼント。

ご利用の店舗まで電話かFAX、店頭でお申し込みください。

(オンラインでの注文は承っておりません。)

申し込み用紙の表記間違いについて

8月29日までに配布した申し込み用紙について、
高岡本店と富山大和店のFAX番号が間違っておりました。謝罪し訂正いたします。

大変申し訳ございませんでした。
正しい番号は下記の通りです。
お申し込みについては、お電話かファックス、または店頭で承っております。
団体様、大口のご注文も承ります。お気軽にお問い合わせください。

高岡本店
☎︎0766-25-0514 FAX0766-26-0514
営業時間8:00〜19:00 高岡市宮田町2-1

富山店
☎︎076-491-1255 FAX076-491-5805
営業時間8:30〜19:00 富山市大泉本町1-4-7

野村店
☎︎0766-29-0514 FAX0766-29-0522
営業時間9:00〜19:00 高岡市野村 533-3

富山大和店
☎︎076-407-6653
※FAX番号はございません。
大和富山店地下1階

☆イオンスタイル高岡南でも申し込み・お受け取りが可能です。
その場合、ご予約特典の締め切り日が9月8日になりますので、ご注意ください。

イオンスタイル高岡南
☎︎0766-32-1111
受付時間9:00〜22:00
高岡市下伏間江383

🎋7月7日は七夕(たなばた)🎋
戸出の七夕祭りも始まりましたね。
七夕は、五節句の一つです。

古くから季節の節目となる日に、お供物をしたり、邪気を払ったりする五つの行事を「五節句」といいます。
いまでも、3月3日の桃の節句や、5月5日の端午の節句など、子どもの成長を祝い、
家族のしあわせを願う日として、大切にされています。
7月7日の『七夕』も、その「五節句」のうちの一つです。

七夕といえば、織姫と彦星の伝説。二人が天の川を渡って会えるか、
心配なときは、朝顔を探してみてください。朝顔は、別名牽牛花といい、
彦星の花とされています。朝顔が開いたら、二人が無事に出会えたというしるしなのです。
 
富山県内では、戸出地域や高岡駅前の七夕祭りが有名です。
大きな七夕飾りは見応えもありますが、お家で小さな笹に願いをこめた短冊や飾りをつるすのも、楽しいものです。
短冊は緑・赤・黄・白・紫の5色とされ、色に合わせた願いを書くと叶いやすいとされています。
 
———-
はっぴーママ 夏号から、中尾清月堂が季節のお話とおやつを紹介するコーナーが始まりました。
今回は 七夕がテーマです。
ぜひお子様とお楽しみくださいね。
———
 
イラスト池田衣絵



5月5日は【端午の節句】こどもの日です。

GW期間中は、端午の節句を楽しむ企画を開催しております。

 

○見て楽しむ!大きな鯉のぼりが店内を泳ぐ!

野村店(高岡市野村野村 533-3)では、5m の屋外用の鯉のぼりが登場!店内を優雅に泳いでいますよ♪
鯉のぼりの下を通るもよし、眺めるもよし◎ もちろん、撮影も可能です。
端午の節句にあげる鯉のぼりは、鯉の生命力にあやかり、どんな環境でも立派な成長と出世をねがったものです。
また、天の神様に子どもの誕生をしらせ、守っていただく意味合いもあります。

 

 

○食べて楽しむ!かしわ餅

柏の葉は生命力が強く、“新しい葉が出てくるまで古い葉を落とさない”ことから
「子孫繁栄(しそんはんえい)」の象徴として食べられるようになりました。

県内産米粉の餅は、コシが強いが歯切れ良く。こだわり抜いた北海道産小豆の自家製餡は、あっさりとした甘さ。
香り高い東北産のよもぎを使った「草餅(つぶ餡)」と、「白餅(こし餡)」をご用意。



高岡本店と併設されている製造工場では、シーズンで約2 万個のかしわ餅が製造されます。

子孫繁栄・たくましく・元気に育ちますように という願いから食べられるようになったんですね。
お子さまも、お父さん・お母さんも、おじいちゃん・おばあちゃんも、家族揃って召し上がっていただきたい一品です。

 

 


○遊んで楽しむ!大きな折り紙でかぶとを作ろう!

GW期間中の限定コラボレーション!国産竹100%『竹紙』を通じたソーシャルアクションMEETS TAKEGAMIの「折り紙かぶと」を
かしわ餅とセットで販売しております。

その名も「こどもの日おめでとうセット」


セットになっている「折り紙かぶと」は、竹でできた「竹紙」という素材です。
中尾清月堂は、今回、初めて、”MEETS TAKEGAMI”とコラボレーションし、食べて・遊んで、楽しめる「こどもの日おめでとうセット」を
GW期間中、数量限定で販売いたします。

 竹紙とは、中越パルプ工業株式会社が製造する日本の竹 100%を原料にししたもので、
 森林や里山の保全再生、生物多様世の保全に役立ち、地域経済にも貢献しています。
 同社は、年間1 万トン以上(日本一の集荷量)の使い道のない大量の日本の竹を、持続的に紙の原料として購入することで、
 竹に新たな価値を創出し、サステナブルな社会に貢献しています。

竹紙をつかった文具や折り紙を展開して「竹紙」と「社会」の接点をつくる “MEETS TAKEGAMI”のソーシャルアクションもそのひとつです。



3種類の柄から選べます♪
①武将柄と②北欧柄は、あらかじめ絵柄がプリントされています。
③線だけの柄は、こどもの日の室内遊びとして、かぶとにお絵かきをしたり、足形アートをして楽しむこともできますよ。

●こどもの日おめでとうセット 価格:1080 円(税込) 販売期間:2022 年4 月23 日~5 月8 日
 内容:かしわ餅 5 個(つぶ餡3 個・こし餡2個)+竹紙折り紙かぶと1 枚(筒状に巻いた状態でお渡し)

 

 


○家族の絆が深まる「行事育」

こどもの日は、子ども達の健やかな成長を願う日です。
また、みんなが無事に過ごせるよう、季節の節目に邪気払いをする「節句」の一つ「端午の節句」にあたります。
五月人形や鯉のぼりを飾り、柏餅やちまきを食べてお祝いをしますが、
節句行事は、もともと家族の幸せを願う気持ちを形にしたものです。

家族に対する愛情表現として、その形は様々になってきておりますが、
今でも「桃の節句」や「端午の節句」など、子どもに関する節句行事はとくに大切にされています。

その際に、お供物として和菓子や餅を準備することが多く、和菓子を食べるタイミングとしても想起されやすいかと存じます。
中尾清月堂では、節句行事にかかせない和菓子を心を込めて製造し、販売することに加え、
文化と愛情をベースにした子育てである「行事育」をとりいれた発信をつづけたいと考えています。
子どもたちの成長を祝い、次世代とともに成長していくお店に・・・

 

 

みなさまと一緒に
節句行事を楽しんで、親子・家族の絆を深められるお手伝いができればと思います。
ー食べて、見て、遊んで、育むー 楽しいこどもの日・端午の節句・GWをお過ごしください。
中尾清月堂各店でお待ちしております♪

もうすく春のお彼岸ですね🌸
お彼岸のお墓参りは日本独自の文化です🇯🇵
もちろんおはぎをお供えするもの日本ならではの風習です‼️
この時期にしか食べられない中尾清月堂の「おはぎ」期間限定で販売します❗️✨

おはぎ
価格:3入 420 円(税込価格453円)
   6入 840 円(税込価格907円)
販売期間:3/17(木)〜3/26(土)まで
お取り置き・ご予約可能

イオンスタイル高岡南でも催事販売いたします!
販売期間:3/18(金)〜3/21(月・祝)まで
正面入口スペースにて

 

お味は小豆・きなこ・ごまの3種類

【あずき】
丹波大納言を使用した中尾清月堂自慢の自家製餡で、
もちもちに炊き上げたもち米を包みました😍
小豆の風味が際立つ餡はまさに至福の味です😋😋


【きなこ】
自家製餡を包みきな粉をまぶしたおはぎ定番の1つです✨
もっちり炊き上げたもち米ときなこと餡の甘さのバランスが美味しさの秘密です😋😋


【ごま】
コクのある香ばしいごまの香りが口いっぱいに広がります😋
餡の甘さが引き立ち食べやすく、何個でも食べられそうです😋😋😋

 

(WEBサイト・SNSからの商品のご予約は承っておりませんのでお気をつけください)
また、県内のイオンさんへの出店もございますので、お買い物のついでに、お見かけの際はぜひお求めくださいね♪😆

春の和菓子🌸桜饅頭・桜もなか🌸なども店頭に勢揃い中です。
大好評販売中の🍓あまおう苺大福🍓は3月いっぱいの販売です。

ぜひ和菓子で春を堪能してみて下さい🌸🍃

 

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
大変人気の商品のため、売り切れの際はご容赦ください🙇‍♀️お取り置きが確実です。
店頭の商品は1つからでもお取り置き可能です。
お気軽にご利用のお店までお電話くださいね
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
🌸富山県の和菓子屋 中尾清月堂🌸
お取り置き・ご注文は店舗TELお願いします。

 

高岡本店☎️0766-25-0514(8時~19時)
野村店☎️0766-29-0514( 9時~19時)
富山店☎️076-491-1255(8:30~19時)
《上記3店舗は、3月は休まず営業いたします。水曜日は17時閉店となります。》

 

○富山大和店☎️076-407-6653(館の営業時間に準じます)

○イオンスタイル高岡南でも一部商品取り扱っております。

 

Lサイズより大きなデラックスサイズ使用🍓あまおう苺大福🍓
今年もDXサイズの「あまおう苺」を使用し、食べ応えバツグン!
中尾清月堂ならではの、ふわふわもっちりの求肥に、上品な甘さの白餡でつつまれた、新鮮でジューシーなあまおうの苺大福が好評発売中です!

あまおう苺大福

価格:1個 350円(税込価格378円)
販売期間:〜3/31まで
お取り置き・ご予約可能

 
 

急遽早めに販売開始となったので、すでにお召し上がりになられた方もいらっしゃるかもしれません。
とてもおいしいとご感想が続々とどいておりまして、私共も大変うれしく思っておりますが、
連日売り切れが続いておりまして、大変心苦しいところです・・・・。
お客様におかれましては、店頭の商品は1つからでもお取り置き可能ですので、
お気軽にご利用のお店までお電話くださいね。

(WEBサイト・SNSからの商品のご予約は承っておりませんのでお気をつけください)
また、県内のイオンさんへの出店もございますので、お買い物のついでに、お見かけの際はぜひお求めくださいね😋

春の和菓子🌸桜饅頭・桜もなか・桜餅🌸なども店頭に勢揃い中です。ぜひ和菓子で春を先取りしてください🌸🌸🌸🍃

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
大変人気の商品のため、売り切れの際はご容赦ください🙇‍♀️お取り置きが確実です。
店頭の商品は1つからでもお取り置き可能です。
お気軽にご利用のお店までお電話くださいね
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
🍓富山県の和菓子屋 中尾清月堂🍓
お取り置き・ご注文は店舗TELお願いします。

高岡本店☎️0766-25-0514(8時~19時)
野村店☎️0766-29-0514( 9時~19時)
富山店☎️076-491-1255(8:30~19時)
《上記3店舗は、3月は休まず営業いたします。水曜日は17時閉店となります。》

○富山大和店☎️076-407-6653(館の営業時間に準じます)

○イオンスタイル高岡南でも一部商品取り扱っております。

 

いよいよ年の瀬。あたらしい年をむかえる準備は整いましたか?
中尾清月堂では、鏡餅の店頭販売が始まりました。あわせて、とぼ餅・のし餅も販売中です。

中尾清月堂の餅はすべて、「新大正」という餅米を使っています。
コシの強さ・甘い風味・絹のようななめらかさが特徴です。

新大正は幻の餅米と言われるほどで、
発育には、ここ北陸地方の風土・気候・おいしい水が欠かせません。

また、穂倒れしやすく栽培が難しいことから、
収穫量には限りがあり、ほとんどを北陸地方で消費しています。全国的にも大変希少な品種なのです。

貴重な餅米の良さを最大限に生かす為、しっかりと浸水させ、丁寧に蒸しあげています。

つき立てをいち早く丸め、形を整える作業は、時間との勝負!熟練の技です。

鏡餅は上下のサイズや餅の丸みが大切なので、製造の技術も問われます。


中尾清月堂謹製・ぜんざい小豆の販売もございます。
お餅とあわせてどうぞ。販売期間は①12/29〜1/3(1/1休業)、②1/8〜1/11となります。

のし餅・とぼ餅の全国発送も可能です。
離れて暮らすご家族へお送りしませんか?ぜひ店頭でご相談ください。

このお正月はぜひ、中尾清月堂の美味しいお餅を召し上がってみてくださいね。